宮城県知事さんから学ぶこと

カテゴリ未設定
彼の書を読み、宮城にいて感じることはその人物が高潔でまた安定感があり、リーダーたるに相応しい人物であることだ。どんなに苦しくてもそれを周囲にみせないというのは人がついてくる大切な要素だろう。
対する私は愚痴が多く他の人物の批判もする。苦しい時は周囲を巻き込み手助けをねがう。仕掛け人としては成果をあげれてもリーダーとしては不足しているということを自覚している。自治体の長では収まらず国政を担いたい方もいるようだ。私はもちろん地盤看板カバンの上に貧乏人なので政治家など縁遠い存在だけれど、その自治体の長もまた担うべき人格では、
今は到底ない。とは言うものの本当に世を変えるには社会の頂点に立たざるを得ないわけで、こればかりはどうにもならぬことよ。と思う。

我が道を信じて精進するのみ

三陸の復興祭で購入した扇子に筆がきでそう書いてある。毎日持ち歩いている。
2012年10月11日 17:1472 ( missing poster )
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文