構想がまとまった。

カテゴリ未設定
20年考えつづけ、震災でそれぞれのプログラムを起こしていくが、その三つのプロジェクトが連携すると一つの大きなSBとなることがわかった。一、アマチュア芸人集団を組織してのセレモニー事業 一、生活困難者 がプレーヤーとなる復興支援事務センター 一、介護事務、運営のアウトソーシング これにより、生産人口は増え、生産困難でも希望を持て、市民活動に弾みがつく、在宅化する高齢者に喜びを増やす、経済の還流促進、芸人の地域での活躍の場を増やすなど、三方得の様様な効果があります。
2012年10月23日 13:1472 ( missing poster )
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文