立ち上がれ!

カテゴリ未設定
1 消費税をたとえ10パーセントにしたとしても現在の年金受け取り世代に月
  額6万円すら公平には渡せない。年金を支払いで生活保護を受ける場合6万5
  千円を超えるという制度のゆがみも問題。

2 組合、共済、国保、それぞれの健康保険組合の財源から1、2兆円程度が後
  記高齢医療保険や介護保険に流れてゆく。本来保険は組合員が出し合った
  負担金で将来の安心を担保する制度。そこから高齢者対策に必要な一般財
  源を捻出するのは本来非合理。しかし、逆にいうとそれだけ社会保障財政
  がひっ迫しているということ。そこを消費税で担保するならば上記1を参
  考にしなければならない。国債の発行が消費税に取って変われるかも疑問

TPPの議論もそう、農業も産業も福祉もエネルギーも環境破壊も領土問題もそして生活そのものも、既成の思考法ではもう駄目ですよ・・・とこんなことは私の知る限り20年も30年も前に言われていたこと・・・

何が必要なの? 意識改革ですよ。国民の 生活スタイルの。
どういう? お金に頼る生活をやめるのですよ。
そして?  生産をするのですよ。自分の、地域の食う分は自分で
      面倒を見るんですよ 自分の親や地域の高齢者、子供を
      働ける高齢者はどんどん働く仕組みをつくるんですよ
一人でできるの?
      地域でやるんです 地域が地域の需要と供給を必死で考え、その      為に何をすればよいか必死で考え、必死で皆生きていくんです       よ。支えあいながら。
地域って? もちろん崩壊しているのでつくりなおさなければならない。そこ      に政府の支援と強力な協力が必要なのですよ。
今から?  だって、やらなければならにことを皆で放ってきたんじゃないで      すか? 遅かろうと時間がかかろうと気づいた時に取り組むしか      ないでしょ!
「いいね、やってください」or 「そんなの成功するわけないじゃん」or「忙しいからできません」                ⇓
そういう声がいつも皆のやる気を削いできたのですよ。

みんな、そろそろ目覚めましょう! 僕らで僕らの生きる道を決め、立ち上がりましょう! ここまで長期の考えて頑張ってくれる、本当に世の為人の為に政治家になる方をこそ、今回の選挙で選びましょう!!

私は今 探しています。
2012年12月14日 15:07内藤 秀夫
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文