先週は台湾、中国関係の団体さん、そして写真の星美学園さんに訪問してきました。

カテゴリ未設定

星美ホームさんは中高一貫のキリスト精神による教育を掲げる星美学園http://www.seibi-home.jp/さんで運営する児童養護施設さんです。
子供達にもそして地域でも様々な楽しいプラス志向な取り組みをされているようです。何とここにはマイケルジャクソンさんも来たことがあるとのことです。時期的に非常に児童虐待などのニュースが流されて厳しい中でマイケルさんを受け入れた施設 ということでも私として何かピンとくるものがあったのでした。
ご担当と次から次へ 尽きない話の中で「ぜひ綱引きをやりたいですね」とこれからワクワクする展開がありそうです。

なんと今回、踊るラッキーボーイ 想真さん(写真)と途中で合流してご訪問できました。夏のライブイベント以来の出会いでしたが、彼が展開する東ちづるさんとの社会貢献活動も含めて強い綱がりを感じていて、一度じっくり話したい! という希望も叶うことができました。
今は中々お会いするのも難しいご多忙さの中、本当にじっくり活動についてお話しできたのは天からのご縁に感じます。
2017年12月18日 18:56内藤 秀夫

コメント

内藤 秀夫 2018年07月08日 20:07
IMG_6448.JPG群馬県太田市は大きな自動車工場、その下請けなどが集まり労働力として日系ブラジル移民が活躍した町です。
今日はこの派遣事業を営み大きく成功された社長さんが、今後の移民の将来を考えてレセプションセンターを開設した、その披露パーティでした。

出会いはいつも運命的。社長さんと話すうちに、ギターを学ぶ男の子、その子から学ぶ女の子、絵を披露する男の子 「何でもいいんだ 自分でできることが始めるんだ その機会を提供したいんだ」という思いを聞きました。
これは天岩戸の理念とまったく同じです。こうしたプラスの高天原が各地にそれぞれできてつながれば、それは大きなうねりとなって未来を切り開く。
施設や介護事業のみが福祉じゃないです。様々な立場から、包括的な環境づくりの試みがあり、補助金も利益もでなくても、それを一生懸命育てようとする人々がいる。その人々と私はドンドンつながって、皆と一緒に私も前に進んで行こう。

恥ずかしい私事ですが、この太田の街に私は派遣会社の管理営業として働いていたことがありました。当時独りで淋しい私をまだ大学生だった彼女が訪ねてくれて、嬉しくて畑の中を2時間自転車をこいで彼女を荷台にのせ、街の映画館に遊びに行ったことを思い出しました。
今歌手が歌っている歌 美空ひばり 「川の流れのように」  人生って・・・人って・・・
記憶となり、それが全て。
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文