当会主催シンポジウム 衆議院会館にて アジア・国際人材交流シンポジウム

カテゴリ未設定
アジア・国際人材交流シンポジウム

【主旨】
東北被災地における就労人口の不足や少子高齢化の地域課題の解決、改善提案を「ワールドカフェスタイル」で開催します。同地方の各企業の超過収益を高める「ブランドマーケティング」の経営手法に着目しながら、農業、健康産業、ロボット、介護などの各分野で実践活動している企業家の招聘・紹介をします。さらにひいては地方・都市間、国際間での「人材の相互移動」が日本の未来を切り開き、アジア地域の安定への突破口となるという 内藤 の構想案を会場にイメージづけたいと考えています。

【開催日時・会場】
2019年2月8日(金) 17時00分~20時00分  衆議院会館

【主賓挨拶】(10分)
ベトナム大使館 ベトナム大使代行

【基調講演】(50分)
藤代典子  八戸学院大学特任准教授  南カリフォニア大学経営学MBA卒
        「農村地域における地域ブランドの挑戦」

【事例発表】(各15分)
●久貝サラム・小川浩史  青森ジャパンファーム株式会社(青森県八戸市)
   「ベトナム・フエ農林大学からの現役大学生の研修生受入れ事例」
●池田 右文 株式会社池田介護研究所 (青森県八戸市)
「『トラベルヘルパーセンター八戸』の実践現場からの高齢者×農業×福祉、事例」
●南三陸ホテル観洋 小野支配人(宮城県南三陸町) 
「東北被災者の受入れから、子供図書館開設、地域密着型の市民活動例」
●糟谷 耕一  株式会社スリーピース 代表取締役社長 (宮城県気仙沼市)
「気仙沼産の素材で健康食品。東北から海外展開の発信例」
●牧野佳奈子  一般社団法人DiVE.tv代表 (愛知県名古屋市)
   「動画サイト『多文化市民メディア(DiVEtv)』」創業活動から、地方における移住外国人の支援活動例

【ワールド・カフェタイム(名刺交換会)】(30分)
●橋本 秀吉 NPO法人ABCジャパン理事   「日本ブラジル交流サイト」開設から経済グループBBQ設立まで
●DAO THI NGOC KIM  元外国人技能実習生 (ベトナム)
   「2018年来日帰国後N3を取得。日越の交流会を開設計画」
 
【定  員】 100名
【参加費】 無料      【お問合せ先】調整中
 

【主 催】NPOみらい東北(確定)
【後 援】青森ジャパンファーム株式会社(確定)
【協 賛】復興庁所轄・「新しい東北」官民連携推進協議会(予定)
              在日ベトナム大使館(予定)、日本ベトナム友好協会(予定)、在日ベトナム留学生の会(予定)

【基調講演】
藤代典子  八戸学院大学特任准教授   
研究テーマ「農村地域における地域ブランドの挑戦」
      広島大学大学院理学研究科博士課程前期地球惑星システム学専攻(理学修士)
南カリフォルニア大学マーシャル経営大学院(米国・経営学修士MBA)
日本電信電話株式会社、株式会社イシン・ホテルズ・グループ
ザ・リッツ・カールトン・プロパティ・マネジメント・カンパニー東京有限会社、
株式会社ノースビレッジ・ウエルネス等を経て、青森100年ブランド事務所を創業。
H25.4より、八戸学院大学地域連携研究センター客員研究員、ビジネス学部非常勤講師。
H29.4より現職。
H12.12 日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー ネット部門4位受賞
日本マーケティング学会、実践経営学会

【パネリスト】
ベトナム大使館  調整中

久貝サラム・小川浩史   株式会社青森ジャパンファーム 
青森県五戸町で大規模農業経営、にんにくとりんご栽培(14ha)。埼玉県から新規就農で青森へ。りんごの苗木屋さんが監修した有機にんにくと黒にんにく。地方の高齢化による人材難の解決手立てとして、ベトナムからフエ農林大学学生4名をインターンとして、日本人と同等基準で受入れ中

池田 右文 株式会社池田介護研究所  青森県にて、居宅介護支援事業所および小規模デイサービス施設「まる」の運営を行っている。また、介護旅行とトラベルシルバー育成を目的とした「トラベルヘルパーセンター八戸」も併設しており、運営を手掛ける。高齢者による農業、漬物など生産活動を試みるなど斬新な発想で高齢社会の抱える問題に挑戦し続けている。

南三陸ホテル観洋   発災後率先して被災民の受入れを行い、リアス式海岸で避難スポットの少ない南三陸町にあって大規模受入施設としてプールの浄水システム導入、子供図書館開設、積極的なボランティア活用、そしてその後の語り部バスの運行など一民間ホテルとしては極めて公益の視点から地域貢献を実施している。

糟谷 耕一 株式会社スリーピース 代表取締役社長 宮城県気仙沼市出身。仙台育英高校の硬式野球部に所属し、甲子園に出場。東北福祉大学・硬式野球部として全日本メンバーに選出された経験を持つ。その後渡米し、ロサンゼルス・ドジャーズ3Aに所属。米国滞在中に日本食の可能性に気づき、健康食品の販売事業を開始するため球界を離れる。2007年6月、スリーピースを設立、現職。

牧野佳奈子 「Dive.tv」代表  福井県出身。地方テレビ局の報道記者を3年勤めた後独立。国内外の文化・生活・地域づくりなどを取材し、主に雑誌にて発表。2015年にインターネット動画サイト「多文化市民メディアDiVE.tv」を立ち上げ、移住外国人、特に就労に焦点をあてて様々な活動を展開している。

【ワールド・カフェタイム(名刺交換会)】
橋本 秀吉 NPO法人ABCジャパン理事   ブラジル生まれで日系3世の橋本は、1989年の26歳の時に日本の武道を学ぶために来日 日伯交流サイトの開設、交流イベントの実施
などブラジルと日本の文化交流の懸け橋として精力的に活動し、2000年にNPO法人設立 2014年には経済グループであるBBGグループ日本代表に就任している。

DAO THI NGOC KIM    2018年にベトナムからの実習生として来日 1年間福島県の縫製工場に勤務する。帰国後N3を取得 日越の交流会を開設、文化交流事業を計画している。今回は実習生の実態について実体験を基に語っていただく。
2018年12月22日 20:21内藤 秀夫
コメントの投稿フォーム
お名前
パスワード
画像添付
コメント本文