「笑顔でつながる地球」プロジェクト 4.5キックオフイベント

カテゴリ未設定
「笑顔でつながる地球」プロジェクト 4.5キックオフイベント概要

ご注意:当プロジェクトは呼びかけの段階で今後始動を予定しています。NPO法人ラフターヨガジャパンを始め各団体、各個人については現在プロジェクト参加協力を打診している状況です。当イベントに参加していただいた段階でプロジェクトの構成員となったことと異なりますので、その点念のためご認識お願いします。

主催:NPO法人みらい東北
開催趣旨:NPO法人みらい東北の支援活動を通して出あった復興支援、社会
貢献活動家、団体に新たな支援ステージとして「笑顔でつながる地球」プロ
ジェクトをご案内し、活動へのご参加、ご協力をお呼びかけする。

日時:4月5日(日) 12:00~15:00
場所:ホテルアジュール芝浦 白鳳の間http://www.hotel-azur.com/
東京都港区海岸1-11-2 TEL:03-3437-2011
定員:160名
参加料金:1,500円

ゲスト(2月現在)
社団法人国家ビジョン研究会 代表 中西真彦
2074_1.jpg
NPO法人みらい南三陸    代表 下山 うめよ
2074_2.jpg
亘理仮設自治会代表   木村 一行
笑顔の大使第一号 笑顔の調理人 丹野 支帆里
2074_3.jpg 
他、石巻-東京プロジェクト、福島在住活動家の方々を招聘中

歌手
奥土居 美香2074_4.jpg
90年代「人間なんて」はミリオンセラー 実力派ジャズシン
ガー 
被災支援活動は石巻を中心に実施 石巻市牡鹿中学校の生徒とコラボして支
援ソング「君が笑ってる みんな笑ってる」を完成 美しい牡鹿半島で「と
きめく町づくりを」と牡鹿中学の生徒さん、先生、保護者の方達が「第二の
校歌にしたい」「応援歌にしたい」と立ち上がり、実現した。

矢須田 隼人2074_5.jpg
9歳からピアノを始める。数々の公演を成功させ2011年メジャ
ーデビュー。震災後は気仙市を中心にチャリティ公演実施。気
仙沼市のゆるキャラ「ホヤぼーや」の応援ソングをつくり、
10,000枚以上のCDを無料配布した。

山形 夕佳(うーみ)NPO法人なとわ 代表
映画「千と千尋」イメージアルバムで「あの日の川へ」を歌う。2007年単独
ライブ、2008年メジャーデビューを果たす。東日本大震災発災以降は南三陸
を中心にチャリティライブを行い、住民から厚い好意と信頼を寄せられてい
る。2015年2月 高知にてラフターヨガリーダーの認定を受けた。

ダンス
マイケル ヤモ
2074_6.jpg
平和と地球環境と子どもたちの未来への貢献を目指したマイケ
ル・ジャクソンの意志を継ぎ、アースディ、地球サミット始め各
種社会貢献イベントで公演を行う。被災地支援では福島県を中心
に持続的に支援活動を行っている。

ラフターヨガ
NPO法人ラフターヨガジャパン 田所メアリー・孝 代表・副代表
2074_7.jpg
20代で日本の大学に入学、その後CNN English
Expressの編集者を20年務める。2006年に
東京ラフタークラブを立ち上げ、初めて日本にラフタークラ
ブを紹介。現在も東京ラフタークラブおよび吉祥寺ラフタークラブを夫でラ
フターヨガジャパン副代表の田所孝氏と共に運営を続けている。07年より毎
年100人のラフターヨガリーダーの養成を行っており、後進の育成にも力を
入れている。また日本でのラフターヨガ第一人者としてその活動や経験が高
く評価され、13年に世界で20名弱しかいないマスタートレーナーに選ばれる。
多数のメディア取材や、企業、福祉団体、教育団体、行政団体での講演会実
績も数多くある。孝氏は副代表としてメアリー氏の活動を力強く支えている。

  他 ナッちゃん、スミリン、ココア、オリーブ 藤崎栄子 の各リーダー、
ティーチャーが今回のセッションに参加する。

プログラム内容(順不動)

開会の言葉 NPO法人みらい東北 内藤 秀夫
エールの言葉 社団法人国家ビジョン研究会 代表 中西 真彦
ビデオメッセージ 気仙沼 村上 充  
スピーチ NPO法人みらい南三陸 代表 下山 うめよ
     NPO法人みらい東北 理事 木村 一行(亘理町)
     NPOP法人みらい東北 理事長 内藤 秀夫
ラフターヨガセッション 田所 メアリー 孝

歌と歌手の紹介
1 うーみ 2 矢須田 隼人 3奥土居 美香

笑顔の大使 認証式 
田所メアリー・孝 (現在打診中)
金本 麻理子 ケアクラウン パッチアダムスの日本代理人として活躍
2074_8.jpg
丹野 支帆里 笑顔の大使 第一号 笑顔の調理師としてTV含め活躍
石巻―東京プロジェクト(現在打診中)

ダンスと紹介 マイケルヤモ

閉会の言葉 NPO法人みらい東北 内藤 秀夫

ラフターヨガセッション 

全員で歌唱

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「笑顔でつながる地球」プロジェクト趣旨説明

楽しくて健康にもいい 活動を広げよう

当団体は1被災地での住民発介護事業立ち上げ 2笑顔を届け、発信基地をつくるプロジェクト の2点に注力して活動しております。そして、笑顔の活動についてはNPO法人ラフターヨガジャパン様にご協力をいただいて2012年より宮城県沿岸被災地域をラフターヨガセッションをして周り、お蔭様を持ちまして大変好評を博したところでございます。

本活動は各種助成金を活用して行ってまいりました中でその最終回にあたり、今後も活動を継続し、より目に見える成果を挙げていく為に、以下の4点に特に着目して復興支援活動団体、社会貢献団体、首都圏にお住まいの皆様に活動参加、ご協力のお呼びかけを申し上げることになりました。

1 当支援活動を通してつながった復興支援団体、社会貢献団体、首都圏の学生
  等皆様を被災地各地につなげ、ラフターヨガを通しての交流や観光、その先
の支援活動に参加していただく。

2 当支援活動を通してつながった皆様に相互の情報を共有し、支援活動等社会
貢献活動に参加する導入の広場としての役割を果たす。

3 助成金に頼ってきた支援活動を見直し、イベントへの参加を通して「楽しみ
  ながら」活動に参加し、寄付をするシステムづくりを行う。

4 復興支援、環境問題、平和活動、貧困問題、児童虐待等社会貢献団体をパー
トごとにメンバー募集し(実績、活動内容を評価して3年に1度更新)顔の
みえる中間支援団体としてブランディングすることで個々の団体では困難で
あった企業寄付、補助金を獲得、活動内容に応じて申請により配分する。

「笑顔でつながる地球」プロジェクト イベントとは

イベントはラフターヨガセッションを基調に食事会、音楽会、講演会などを
組み合わせ集客を募る工夫を行う。
このイベントでは、活動者を「笑顔の大使」に任命することで活動者のファ
ン層「笑顔のサポーター」が活動に喜んで参加し、活動者を物質的精神的に
支援する構図を描き、自然に活動が継続、推進していくことを狙っておりま
す。
このイベントは音楽やダンス、講話、食事会などとのコラボレーションに馴
染みやすいラフターヨガの性質を活用した発想に基づくものです。
2015年2月の南三陸、石巻でのセッションでは「笑顔の
大使」第一号たんたんさん(写真)による食事提供が行わ
れ大変盛会となりました。それまでラフターヨガセッショ
ンのみでは短時間で触れ合いが少なかったのですがお茶っこを通してラフタ
ー講師、イベント同行者と被災地住民さんが触れ合い、大いに互いに感動を
分かつことができました。

このイベントは「笑顔の大使」独自に、そしてプロジェクトとしてそれぞれ
に定期開催を予定しており、2月28日には芝浦のタワーマンション28階に
てタンタンさんの料理提供と音楽家、ラフターヨガ講師により「笑顔でつな
がる地球」プロジェクト前夜祭と銘打ち行います。
そして4月5日には同じく芝浦のホテルにて160名の支援活動家、被災地住
民、ラフターヨガ講師、被災地支援音楽家をお招きして盛大に本活動のお呼
びかけとキックオフを行う予定です。キックオフイベントでは数名の「笑顔
の大使」任命式を行い、その中にはケアクラウンの産みの親として世界的に
高名なパッチ・アダムスの日本代理人、金本氏(写真)も含まれ
ます。
2015年02月24日 17:0092 ( missing poster )